Gods Unchained

【Gods Unchained】8月20日のバランス調整 NatureとLightのナーフ

今回のバランス調整では、今週(Week 4)のRanked Constructedでも使用頻度の高かったLightとNatureのナーフ(弱体化)が大きなポイントになりそう。

主な変更についてまとめておく。

Natureの主な変更点

Mark of the Wardenのナーフ

変更前:
自ターン終了時、攻撃力と体力に+2をランダムに割り振る。Afterlife;ランダムなNatureカード1枚を手札に加える

変更後:
自ターン終了時、攻撃力または体力をランダムに+1する。Afterlife;ランダムなNatureカード1枚を手札に加える

Guerilla Trainingのナーフ

変更前:
自ターン終了時、 攻撃力と体力に+3をランダムに割り振る

変更後:
自ターン終了時、 攻撃力を+3する

Natureのバフカード2種類が大幅に弱体化された

とくにGuerilla Trainingから体力をプラスする効果がなくなったのは大きい
これでバフされたユニットもかなり盤面から除去されやすくなるはず

Bladeflyの混乱がなしに

いままでConfused持ちだったBladeflyが正気にw
バフカード2種類のナーフとのバランスをとる意味で若干の強化

ただし、Confused持ちを強化するRoar効果を持ったユニットとのシナジーが失われるという点では弱体化ともいえる。あんまり見かけたことないけど。

 

Lightの主な変更点

Serene Bladeの効果対象範囲を縮小

変更前:
武器攻撃力1/耐久4、自ターン終了時、攻撃力が2以下のユニットに+1/1のバフ

変更後:
武器攻撃力0/耐久4、自ターン終了時、攻撃力/体力がともに2以下のユニットに+1/1のバフ

この変更により、以前はバフ対象だった体力が3以上あるユニットにはバフがかからないようになった
たとえば2/6のThebian Brawlerなどは効果対象外となる

また、地味に武器としての攻撃力も0になった

Lightにとってはかなり痛い弱体化である
調整後のランク戦メタにどの程度影響するか注目

ゴッドパワー Heaven’s Lightの弱体化

変更前:
敵ユニットの攻撃力を-2する。ただし1以下にはならない

変更後:
敵ユニットの攻撃力を-2する。ただし2以下にはならない

これもLight使いにはかなり痛い弱体化。
ちなみに攻撃力が0や1の敵ユニットにHeaven’s Lightを使った場合、攻撃力は2になってしまう。

 

Magicの主な変更点

ゴッドパワーMegaboltの攻撃対象が敵ユニットのみに

以前は敵ゴッドも攻撃できたが、対象が敵ユニットのみに変わった

長期戦でカードも尽きかけてきた、相手ゴッドを攻撃するユニットがいない、という状況で影響してきそう。

Chainflipの効果変更

変更前:
4マナ。ユニットを自分のVoidから選んだユニットに変身させる

変更後:
3マナ。敵ユニットに10ダメージを与える。ランダムなユニット1体を敵Voidから敵の盤面に復活させる

 

Deathの主な変更点

Pyrrhic Incantationの弱体化

変更前:
ユニット1体にBurn+30を付与する。自分のゴッドに3のダメージ

変更後:
ユニット1体にBurn+14を付与する。自分のゴッドに3のダメージ

 

Neutralカードの主な変更点

Dart Maniacの効果対象変更

変更前:
自ターン終了時、ランダムな敵ユニットに1ダメージを与える

変更後:
自ターン終了時、ランダムな敵に1ダメージを与える

ダメージを与える対象に敵ゴッドも含まれるようになった。
この変更によって、いままでは必ず除去できていた残り体力1の敵ユニットが生存する可能性がでてきたのは地味に大きい。

Bronze Servant

変更前:
召喚時、相手武器の耐久力を-1する

変更後:
召喚時、相手武器の耐久力を-2する

Iron-Tooth Goblin

変更前:
攻撃力2/体力3。召喚時、相手武器の耐久力を-1する

変更後:
攻撃力2/体力2。召喚時、相手武器の耐久力を-3する

上記2ユニットはともに相手武器の耐久力を下げる効果が強化された。
LightのSerene Bladeをはじめとする強力な武器対策として機能しそう。