Gods Unchained

【Gods Unchained】9/3のバランス調整 ミッドレンジユニットの強化

9/3におこなわれたバランス調整についてさくっとまとめる。

現在のメタは、マナコストの小さいユニットで固めたアグロか、反対に大きいサイズに頼るコントロールのどちらかに二極化している。

より健全なメタ環境を目指すべく、ミッドレンジユニットの使い勝手をよくするということを主眼においておこなわれたのが今回の調整だ。

なお、ミッドレンジのスペルについても今後バランス調整を検討しているとのこと。

ステータス表記の変更

攻撃力の表記を、これまでのAttackからStrengthへと変更。
カードの効果説明に「Strength」と書かれていたら「攻撃力のことだな」と理解できればオーケーだ。

英語圏のプレーヤーにとっては、「Attack+1って、攻撃力が増えるの?それとも攻撃回数?」みたいな感じで紛らわしかったらしい。

よってこれからは、

Strength = 攻撃力
Health = 体力(これまで通り)

の表記となる。

 

Death

ゴッドパワーSoul Burnのマナコストを3→2に変更

Deception

Lightfoot Informant:

2/2→1/2
※攻撃力が1ダウン

Umber Arrow

変更後:
攻撃力2以下の敵ユニット1体を自ターン終了時までコントロールし、Godblitzを付与
※攻撃力+1がなくなった

Trapdoor

変更前:
ユニットを所有者の手札に戻す

変更後:
敵ユニットを相手手札に戻す

 

Light

ゴッドパワーChosen Oneのマナコストを3→2に変更

 

Magic

Staff of Shards

変更前:
3マナ、敵ユニットに2ダメージ

変更後:
2マナ、敵ユニット1体と敵Godにそれぞれ1ダメージを与える

盤面除去能力がナーフされた

Sip of Elixir

変更前:
マナを1増加させるorカードを1枚引く

変更後:
味方ユニット1体に「Afterlife;マナを1増加させ1枚カードを引く」を付与

 

Nature

Vine Armourの耐久力を6から4に変更

 

War

Iron Kopis

GodblitzからBlitzに変更

Prodgious Armourer

変更後:
2/3バックライン、自ターン終了時にランダムな味方ユニット1体の体力を+1
※攻撃力が上がった代わりにユニットの体力増強能力が落ちた

両方ともアグロWarにとっては痛いナーフ

Neutral

Peculiar Spellwrym

変更後:
召喚時、相手はデッキからランダムなスペルカードを1枚引く。そのカードのマナコストは1となる。

 

使用可能になったカード

Gloam Druid
Odin, Endless War
Light, Ascended
Magic Inks
Jason, Medea’s Muse
The Nether Prince
Umber Arrow

使用不可になったカード

Arius, Augur Paroxysm
Avatar of Deception

ミッドレンジユニット

合計150体のミッドレンジユニットがバフされた

基本的には、
・攻撃力を+1
・体力を+1
・マナコストを1減少
のいずれかの強化がおこなわれている。

ここでそのすべてを紹介することはできないので、詳細は公式ブログの記事を確認してほしい

Balance Update – September 3rd (Mid-range Creatures)
https://blog.godsunchained.com/2019/09/03/balance-update-september-3rd-mid-range-creatures/